Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は朝の3時くらいから5時間くらい、ぷよぷよクラシックで
オンライン対戦してました!(漫画やネット閲覧の片手間状態だったけど)
たぶん300試合近くはしてたと思います・・最後のほうは惰性でやって
ましたが(ノ∀`)
連戦に呼んでくださった方もありがとうございました、グダグダ
な内容で申し訳なかったですが(汗)


ではぷよ講座、今回は副砲について説明していきます。
ぷよぷよ対戦での勝ち方として、相手より大きな連鎖を撃つ(大連鎖対決)
のが基本ですが、ある程度の実力を持つ相手だと小連鎖で伸ばしの邪魔
をしてきます。
本線の一部を壊して小連鎖を作ったり別の場所に作ったり様々ですが、この
本線以外の連鎖を副砲と呼びます。
2連鎖ダブル・トリプルあたりが短時間で高威力なので好まれています。


まずは副砲についての基本的な用語
◎潰し・・相手が本線又は副砲を発火するまで3、4手以上かかりそうな状況で
    隙を突いて相手の連鎖を埋める目的で撃つ小連鎖。

◎催促・・相手の本線又は副砲の発火を誘うために撃つ小連鎖。
    ぷよぷよは基本的に本線後撃ち有利なので、相手に先撃ちさせる
    ための小連鎖です。

本線後撃ち有利についてですが、相手の連鎖が終わるギリギリまで、伸ばし
続けることができるためです。
10連鎖以上なら平均2連鎖以上は伸ばせるはず。


次に、副砲には大きく分けて2パターンの作り方があります。
それはキーぷよ外し合体と呼ばれているものです。
まずはキーぷよ外しから簡単に説明したいと思います。
キーぷよは、本線の発火に必要な色のことです。

図1               図2
image146.gif image147.gif


キーぷよをあえて置かないで連鎖を途中で止める事で小連鎖を作る技術が
キーぷよ外しです。
図1の場合は左折り返しで、本線の発火には青と赤が1個ずつ必要ですが
外すことで赤発火の3連鎖を副砲として保持しています。
青まで入れてしまうと折り返し部が壊れてしまうので、キーぷよを外す部分
を考慮することが大切です。

図2も青を外して3連鎖を保持した形。
赤緑のハチイチで2ダブも狙えます。

◎ハチイチ・・欲しい2色の組み合わせのツモが来る確率が8分の1な事
      からハチイチと呼ばれます。
      青青、赤赤など同色の組み合わせは16分の1。


次は合体について。

図3
image148.gif


合体は、本線とは別の場所に作った小連鎖を本線と連結させる技術です。
図3は青発火の3連鎖を副砲として保持しています。
状況に応じて潰し催促として使ったり、本線に繋いで伸ばしに使う事も
できます。

発想力が求められるので、キーぷよより難しいですが状況に応じて
柔軟な型に作り変えられるので大きくステップアップできる技術です。

図4               図5
image149.gif image150.gif


図4と図5は図3の連鎖を本線に合体させたもので、青発火で
図4が9連鎖、図5が10連鎖です。
自陣のツモと相手の連鎖数を見ながら、連結パターンを変えるのが理想。

このあたりの技術は私もまだ実戦で色々試している段階なので教科書どおりな
説明になりますが、少しでも何か掴んでもらえると幸いです(´∀`)
長くなってしまったので区切りますが、次の講座でもう少し深く説明していきます!














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryo2010b.blog27.fc2.com/tb.php/90-ab630ff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。