Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2列と3列連鎖尾について潜り込みや段差のズレを利用した連鎖を紹介
しましたが、今度は4列です。
さすがに4列を超えてくると実戦で組む人は少ないですが、暴発を避ける
ための高い精度の凝視が必要になってくるので、とこぷよで練習するのは
十分有意義だと思います!
私は実戦で組んだのは2、3回くらいしかありません(^^;)

◎凝視・・自分や相手のフィールドの連鎖の状況を読むこと。
    上級者以降になってくると、相手のネクネクツモまで確認できる
    人もいます。


図1 4列連鎖尾


図1は基本的に潜り込みを多用しているので連鎖の流れを読み易い
と思います。
同じ色同士で巻き込まないように(暴発しないように)しっかりと
段差計算する必要があります。

連鎖尾の基礎である潜り込みと段差のズレをある程度応用できるように
なってきたら是非挑戦してみてください。
今回のシミュは即席で作ったため単純なので、また今度4列以上の
連鎖尾で芸術的な連鎖ができたら載せておきます(ノ∀`)


今回の動画は4列連鎖尾と呼ぶにはおこがましい完成度ですが、好きな
連鎖尾の繋げ方なので載せておきます!

[高画質で再生]

ぷよぷよ 連鎖尾 [アクセス解析]














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryo2010b.blog27.fc2.com/tb.php/70-9870c2fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。