Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近忙しくて(というかネタ切れ)更新怠り気味ですが、地道に
気楽にやっていきます。
今回の記事(たぶん次回も)もぷよぷよ関連ですが、中盤を意識してプレイ
したときの動画を見直しながら説明と反省をしていきたいと思います。



[広告] VPS


まずは土台完成までの状態から。
動画もそうですが、左が私で右が対戦相手の方です。
image205.gif image206.gif


私はよく見る左折りの定型土台。
中盤に備えてキーぷよの青は入れていません。

相手の土台は左折り返し青発火の鶴亀連鎖。
割と珍しい形ですが、連鎖尾に座布団を使っている分
多少見切りやすい。


image207.gif


中盤というよりは終盤に近いですが、折り返しの直後から3連結を
増やし、副砲の威力調整をしやすい形に。



ネクスト 青黄           ネクスト 緑赤
ネクネク 青赤           ネクネク 赤黄
image208.gif image209.gif


この時点で相手には副砲がありません。
相手のネクストの緑赤ツモですが、発火点のキーとして2列目に置くか
連鎖尾を繋げるために5、6列目に置くことが考えられます。


image210.gif


ここで相手の出方を見るためと、2連鎖ダブルへの連携の意味を
込めた単発(1連鎖)。

クラシックでは落下ボーナスが加算されないので単発の攻撃力は
ありませんが、潰しへの連携としては十分に役に立ちます。
特にクラシックは落下速度やネクストを引くまでの時間が遅いので、
おじゃまぷよが落ちる時間(相手が操作できない時間)が大きな意味を
持ちます。


ネクスト 緑黄           ネクスト 青青
ネクネク 赤赤           ネクネク 緑緑
image212.gif image211.gif


単発直後に相手は緑赤を6列目に縦置きし、赤黄で折り返しを
支えている赤を挟みました。
この時点で相手は、発火までに緑ぷよが1個と黄ぷよが3個必要なので
先ほどの単発によるおじゃまぷよの落下時間を含めると、2連鎖ダブルが
ほぼ確実に決まるタイミングとなります。

image214.gif


読み通りに潰しが決まり、残りの副砲で決着。
副砲確保のためにキーぷよを外すのは中盤戦の基本となります。
(故意にキーぷよを暴発させる止めという技術もありますが。)


image213.gif


一つ考えられたのが、2ダブを打った後の黄緑の緊急発火。
5連鎖ダブルになるので本線発火で対応するしかない威力ですが・・

ネクスト 赤赤
ネクネク 緑黄
image215.gif


ツモ数の少ないクラシックでこの状態からキーぷよと発火色を
引けていたのか謎。


まぁ何より今回の動画の例では、相手は鶴亀を組んでいたからか
ツモ数差が開いてしまいましたね。
難しい連鎖は見切られにくい分、思考時間も長くなってしまうのが
難点。

反省点としては、内容は悪くないものの仕掛けが若干遅かった
です。副砲の準備も遅かったのでもっと中盤の意識が必要。
潰しの連携をテーマに練習していきます。



あれだけスラスラ組みながら相手を凝視出来るのはやはり凄いと思います(これはぷよぷよを少しでもやっていれは゛分かる凄さだと思います)
自分はスムーズに組む事もままならないので凝視以前って感じです。
例えば今ryoさんと自分が50先したら0対50で負ける自信がありますよ(´・ω・`)

2011.03.07 23:09 URL | ぷよ研究生 #- [ 編集 ]

ぷよ研究生さんへ

いつもコメントありがとうございます!
凝視は難しいですよね、私は一通りの連鎖を覚えたあたり
から意識して練習しましたが、最初は中々コツを掴めずに
伸び悩んでいました。
でも焦る必要はありません、全国レベルの凝視力を
持った方々も、そこに至るまでの経過(練習量)があるので。

少し長いですが、私が有意義だと思う練習法を挙げます
ので、よかったら参考にしてください(^^)



1.階段・鍵~鶴亀まで定型連鎖は一通り練習(とこぷよ)
連鎖の型を知らないと凝視できませんからね(´∀`)

2.潜り込み連鎖尾を徹底練習(特に3列のデアリス)
ここをクリアすると、見える連鎖の幅が一気に
広がります。
最初は、http://bit.ly/feeD4Fのようにした方がズレ
が少なくてわかりやすい。

3.相手の連鎖を意識する癖をつける
DSぷよぷよのCOM相手で十分です。
最初はフリー対戦のアルル(難易度:難)あたりを相手に選び、
相手が撃ってきた連鎖数と同じ連鎖数で返せるように練習。

本線での対応でOKで、可能な限り対応し続ける。
スピードが遅い上に4連鎖前後なので、丁度副砲と同程度
の連鎖を作る練習になります。

慣れてきたら、本線を作りながら副砲で対応する練習。
物足りなくなったらサタンでやりましょう!
サタンで副砲対応できるようになってくると、オンライン
の対戦相手の潰し・催促が可愛くみえます(笑)

2011.03.08 05:59 URL | Ryo #J8WwQAaw [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryo2010b.blog27.fc2.com/tb.php/190-ddba423e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。