Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
3ヶ月近くもサボってしまいましたが、ぷよぷよを再開していきたいと
思います!
凝視項目を進めている途中でしたが、基礎的な全消しについての記事が
まだだったので、先に紹介します。


全消しとは、対戦中にフィールドのぷよ(おじゃまぷよも含む)を全て
消すことを指します。

図1 3連鎖全消し
image192.gif


全消しのメリットは、全消し後1回目の連鎖にだけおじゃまぷよを
30個(5段分)多く降らせることです。(ぷよぷよ通ルール)

1連鎖でも5段分の威力を持つのは相手に大きなプレッシャーを
与えることができるので、ツモ数の少ない序盤においては強力で
有効な手段です!
序盤は全消しを取り逃さないような手順を考える必要があります。


しかしこの全消しもメリットだけではありません。
あまり名称は良くありませんが、馬鹿全(消し)と呼ばれるものが
あります。

馬鹿全とは、全消しを取っている間に全消しボーナス(おじゃま30個)
以上の威力を持った連鎖を相手に組まれてしまい、全消しを取ったために
不利な状況に陥ってしまうことです。
全消しをするまでの連鎖が5、6連鎖と長くなればなる程、連鎖が
起きている間、相手に連鎖を伸ばす時間を与えてしまうことに
なります。

この馬鹿全の境界線となるのが4連鎖前後だと思います。
相手の置き方によって、4連鎖やそれ以上でも有効な場合があれば
3連鎖でも馬鹿全になってしまう場合もあるので見極めが大事です!

次回の記事でもう少し詳しく説明していきます!














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryo2010b.blog27.fc2.com/tb.php/167-44bcc164

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。