Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近週一以下のペースになってきているぷよ講座の続きを(ノ∀`;)
自己満足とはいえ絶対の途中で投げ出さない宣言!


前回記事で書いた、凝視練習において補助的役割をもつ「定型連鎖の徹底練習」と
同時並行に意識していきたいのが「凝視の習慣をつける」ことです。

数手置きに(最終目標は1手毎)相手の画面を見る癖をつけましょう!
凝視については、ただ漠然と試合数を重ねるだけでは身に付きません。
始めは相手の連鎖に合わせて組み替えるとか難しい事を考える必要はありません。
とにかく見る!

これは文章だと簡単に思えますが、大抵の人はふと気がつくと自分の連鎖にばかり
集中してしまっていることも多いはず。(特に中盤以降)
この癖がつくまでに非常に長い時間が必要になると思います。


ポイント
・ 1~2手毎に相手の画面を見る
  始めは相手の形を理解できなくてもとにかく見る癖をつけることが大事です。
  土台の完成までの凝視は、そう苦戦することもないはず!
  経験を積み重ねれば連鎖の流れや相手の行動が読めるようになってきます。

・ 相手の発火点を探す
  まずは連鎖の頭となる発火点を探しましょう。
  発火点が見えたら、後折りか先折りか土台の流れを確認します。
  序盤は2連鎖同時消しが無いか注意することも大切です。
  「凝視はしていたがツモが来なくて潰された」のと、「凝視をしていなくて
  反応できず潰された」のでは結果は同じでも得られる経験は全然違います。

・ 凝視 > 落下速度
  練習にあたって、落下速度よりも凝視を重要視してください。
  どんなに早く連鎖を組んでも相手の状況を把握できていなければ
  無意味です。
  極端に言うと、自由落下させてでも凝視の時間を作るべき。
  
  凝視の目的は、簡単に言えば相手の状況を把握して、自分が優位に立てる
  ような連鎖に組み替えるため
です。
  状況把握ができて初めて、自分の連鎖に集中する意義が生まれます。
  スピードは後からいくらでも付いてきます。

・ 長い目で見て練習する
  習慣というのは数十試合で身に付くようなものではありません。
  特に潰しや催促が飛び交い、連鎖が変化しやすい中盤~終盤の凝視は
  上級者といえども容易ではありません。
  すぐに凝視が身に付かないのは当たり前のことなので、勝敗を気にせず
  諦めずマイペースに練習を積み重ねましょう。


相手の速攻に潰されなくなってきたあたりで最初の凝視力の向上を体感できる
ようになると思います。
ここまでの記事では主に心構えと意識について書きましたが、次からは
実際にぷよぷよのコンピューター相手にできる練習を紹介していきたいと
思います。(使用ソフトはいつも通り「ぷよぷよ!」です。)

録画する時間があれば久しぶりに動画UPするかもしれません!
というかそろそろ編集とキャプションの入れ方くらい覚えたいところ(汗)



(ФωФ)ジィーーーーー
ハッ!!!失礼!
ついつい見つめすぎてしまったみたいです。
ぷよぷよも人生も自分の事でイッパイイッパイのアップアップです( ̄人 ̄)チーン…

2010.10.19 22:21 URL | くるぼんぬ #- [ 編集 ]



>>くるぼんぬさん

私は学生を卒業してからの生き方に目も当てられないので
逆に周りの事を凝視することにします( ̄人 ̄)チーン…
学生時代が充実していただけにため息がでる毎日。。

そんな時はくるぼんぬさんのブログを凝視(ФωФ)ジィーーーーー

2010.10.20 13:02 URL | Ryo #J8WwQAaw [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ryo2010b.blog27.fc2.com/tb.php/121-3cfe071a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。