Ryoの情報ブログ~趣味を探し求めて~

体験記や趣味の紹介、それに関する情報などについて書いていく無計画ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久しぶりにニコニコ動画でぷよぷよ検索をしていたところ
予想を上回るハイレベルな100本先取の動画があったので載せておきます。
(2010年の11月のものですが。)
といっても片方はぷよぷよ全国トップクラスで有名なkumachomさんですが。

予想外だったのが左側のpopoという方のプレイ。
鶴亀や後乗せ技術を巧みに駆使して魅入ってしまうような連鎖を
次々と繰り出しています。
私がまだ10連鎖もできない頃に初めてミスケン傑作選を見た時と
同じくらいの衝撃を受けました。
上には上がいるもんですね(^_^;)

ちなみに動画の対戦で使われているソフトはぷよぷよVSという無料対戦
ソフトだそうです。







前半はpopoさんが独特な連鎖と柔軟な組み換えによる対応で優勢。
"不定形"という言葉がこれ程似合う連鎖力の持ち主もなかなかいないの
ではないでしょうか。
私も無難な積み方を脱却して枠にとらわれないプレイをできるように
見習いたいものです(ノ∀`)

後半は百戦錬磨のkumachomさんが圧倒的な集中力と持久力で盛り返した
試合でした。
この試合は反響が大きかったようで知っている方も多いと思いますが
まだの方は是非見てください!
スポンサーサイト
久しぶりのぷよぷよ記事。
更新頻度が酷いことになってますが生きてます(´∀`;)
以前書いた(いつだよ・・)、中盤戦の反省の続きをやっていきます。
ただの練習振り返りですが興味のある方はどうぞ!


[広告] VPS


タイトルの通りに中盤を意識して、落下スピードよりも対応の判断に
時間を使っています。

image216.gif


まずは土台から。
折り返し付近は定型の鍵積みで、連鎖尾は副砲としても使えるように
意識した手順にしました。(キーぷよを早々置いてしまったため)
3連結を増やして鶴亀で本線に繋げています。


連鎖尾まで完成させたのがこの形。
相手の副砲がなかったのは見ていたものの、柔軟性に欠ける形。
本線を意識しすぎましたね。


左が私
image219.gif image218.gif


この直後から相手も潰しを意識して連結を増やしてきました。
ネクストとネクネクに緑青、青黄のツモが来ているので・・

image220.gif


この2連鎖トリプルを予測しなければいけません。
喰らってしまったらもちろん敗北です。

image222.gif


対応手としてイメージしていたのは連鎖尾を崩した4連鎖。
ただし様子を伺いすぎていて、2トリを撃たれていたら間に合わな
かったかもしれません。

image223.gif image221.gif


しかし予測に反して多連結の2連鎖を撃ってきたので、こちらは
2連鎖ダブルでの対応に切り替え。
この辺りは冷静な対処だったと思います。
最悪だったのはこの後。

image224.gif image225.gif


相手の青発火3連鎖が残っているにも関わらず、中途半端な3連鎖の
追い打ち。
なぜか青まで埋まっているイメージを持ってしまっていたため、目視
しないまま撃ってしまいました(ノ∀`)
相手にとっては、対応と堀りを同時にできる一石二鳥の手を与えて
しまったことになります。

その上に・・連鎖尾が壊れたことに気づいてませんでした(; ̄ェ ̄)

image226.gif


対応されたあとに残った相手の形。
ここから本線に繋げるには、
image227.gif


少ない手数でいくなら連鎖尾の青を壊したこの形。
2,3列目の黄色3連結が良い役目をしています。

image228.gif


連鎖尾を崩さずにネクスト・ネクネクの青緑ツモを生かすと
このような堀りがイメージできます。
ただし発火までに手数が必要なので、キーぷよを外す等手順に気を付け
なければいけない形です。

image229.gif


実際に相手が撃ってきたのは堀りと整地を兼ねた2ダブの3連鎖。
4列目に緑を縦置きしたあたりで、本線の可能性が少ないと判断できます。

image230.gif


これに対して対応手は多連結の4連鎖。
優勢とはいえシンクロさせずに4連は少し大きかったです。

image231.gif


2ダブの3連鎖にまとめた方がスマートだったかもしれませんね。
この後に、相手の本線発火→こちらの本線発火という流れで勝ちを
おさめています。

中盤に強くなるためには中盤の練習をするしかないので、序盤以上に
凝視や副砲を意識する必要があります。(そういう私も練習段階ですが(^_^;)
相手の連鎖数の把握と対応手の判断力を高めるためにも、スピードを
二の次にしてその分思考に充てると良いと思います!
最近またぷよぷよ中毒が発症中(ノ∀`)
一度ハマり出すと一気に入り込んでしまう危険なゲーム(?)ですね。

先日windows7対応のwifiコネクタを買ったばかりなので、DSぷよぷよ!
の通信対戦もやっています。
ただ購入後のテストではスムーズに接続できたのですが、通信エラー
の連続で設定し直している間に以前の戦績が消えてしまいました。
ので0からやり直すことに!

レート(戦績を元に実力を数値化したもの)1000から開始ですが、ぷよぷよ!
の仕様では回線の切断が起きた場合に100くらい数値が下がってしまうのが
難点。(ちなみに勝った時のプラス値は平均30前後)
しかも故意でなくても意外と多いです、切断(TωT)
段位まではスムーズにいけるかと思いましたが2級あたりをウロウロ
しています。

110321_1155~0001


ちなみに今やっと100戦くらいですが、切断数10回くらい。
なかなか伸びません。
ぷよぷよ!の仕様で高段位を維持できている人は凄い!

ぷよぷよ7もwifi対戦があるだけに、古いぷよぷよ!では人数が少ない
のが残念ですね。
最近忙しくて(というかネタ切れ)更新怠り気味ですが、地道に
気楽にやっていきます。
今回の記事(たぶん次回も)もぷよぷよ関連ですが、中盤を意識してプレイ
したときの動画を見直しながら説明と反省をしていきたいと思います。



[広告] VPS


まずは土台完成までの状態から。
動画もそうですが、左が私で右が対戦相手の方です。
image205.gif image206.gif


私はよく見る左折りの定型土台。
中盤に備えてキーぷよの青は入れていません。

相手の土台は左折り返し青発火の鶴亀連鎖。
割と珍しい形ですが、連鎖尾に座布団を使っている分
多少見切りやすい。


image207.gif


中盤というよりは終盤に近いですが、折り返しの直後から3連結を
増やし、副砲の威力調整をしやすい形に。



ネクスト 青黄           ネクスト 緑赤
ネクネク 青赤           ネクネク 赤黄
image208.gif image209.gif


この時点で相手には副砲がありません。
相手のネクストの緑赤ツモですが、発火点のキーとして2列目に置くか
連鎖尾を繋げるために5、6列目に置くことが考えられます。


image210.gif


ここで相手の出方を見るためと、2連鎖ダブルへの連携の意味を
込めた単発(1連鎖)。

クラシックでは落下ボーナスが加算されないので単発の攻撃力は
ありませんが、潰しへの連携としては十分に役に立ちます。
特にクラシックは落下速度やネクストを引くまでの時間が遅いので、
おじゃまぷよが落ちる時間(相手が操作できない時間)が大きな意味を
持ちます。


ネクスト 緑黄           ネクスト 青青
ネクネク 赤赤           ネクネク 緑緑
image212.gif image211.gif


単発直後に相手は緑赤を6列目に縦置きし、赤黄で折り返しを
支えている赤を挟みました。
この時点で相手は、発火までに緑ぷよが1個と黄ぷよが3個必要なので
先ほどの単発によるおじゃまぷよの落下時間を含めると、2連鎖ダブルが
ほぼ確実に決まるタイミングとなります。

image214.gif


読み通りに潰しが決まり、残りの副砲で決着。
副砲確保のためにキーぷよを外すのは中盤戦の基本となります。
(故意にキーぷよを暴発させる止めという技術もありますが。)


image213.gif


一つ考えられたのが、2ダブを打った後の黄緑の緊急発火。
5連鎖ダブルになるので本線発火で対応するしかない威力ですが・・

ネクスト 赤赤
ネクネク 緑黄
image215.gif


ツモ数の少ないクラシックでこの状態からキーぷよと発火色を
引けていたのか謎。


まぁ何より今回の動画の例では、相手は鶴亀を組んでいたからか
ツモ数差が開いてしまいましたね。
難しい連鎖は見切られにくい分、思考時間も長くなってしまうのが
難点。

反省点としては、内容は悪くないものの仕掛けが若干遅かった
です。副砲の準備も遅かったのでもっと中盤の意識が必要。
潰しの連携をテーマに練習していきます。
久しぶりにニコニコでぷよぷよ動画漁りを。
最近行われた百本では、Tomさん対かめさんのものが見応えがありました。
上級者以上の実力を持った方々の百本は迫力があります!



意識していた形があるのかちぎりの多さは目立ちましたが、中盤戦の
対応力や柔軟性については並みの実力者では真似できません。
連鎖力に自信をもっているからこそ、あれだけ連結重視の形
を作れるのでしょうね!


あとは去年にアップされていた動画ですが、全国でも4位内に入る
2人が対戦動画を丁寧に解説しているこの動画がおすすめです!



自分のプレイを見直してみると改善点がいくつも見えてくるので
こういった考察は、視野を広めたり新しい対応手を見つけたりする
ために必須の上達法ですね!

こういった動画が手軽に見られるのは嬉しい限りです。
上げてくださる方に感謝(´∀`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。